私が歌川です

@utgwkk が書いている

Rabi-Ribiこの記事から更に進めて、ポストゲームクリアまでいった。

DLC買ってあるけどDLCぽいエリアには入れてなくて、なんか条件見落してるのか、NOVICEが許されるのは小学生までなのかわからない。

とりあえず強くてニューゲームやって実績解除を狙っている。ボスから突然100ダメージとか喰らうので緊張感ある。

utgwkk.hateblo.jp

KMCにおけるオンラインコミュニケーションツール補遺

この記事は KMC 2 Advent Calendar 2019 - Adventar 8日目の記事です。

6日目の記事は id:dnek で「NuxtとFirebaseとElasticSearchを一緒に使う - DNEK」でした。

utgwkk.hateblo.jp

先日このような記事を書いたのですが、後になって、これも書いたらよかったな、ということがいくつか出てきたので、補遺としてまとめました。 あわせて、アドベントカレンダーの枠が余っていたので登録しました。

Slackのチャンネル紹介

KMCのコミュニケーションを支えるSlackチャンネルについてご紹介します。 プロジェクトのチャンネル以外にもさまざまなチャンネルがあります。

KMC workspaceには2019/12/7現在、687個のpublic channelがあります。

gyazo.com

ここではその中からいくつか私の好みでチャンネルを紹介します。

#mail

info@kmc.gr.jp 宛のメールが届いたら通知されるチャンネルです。 部内向けにinfo宛に届いたメールを見れるwebサービスが動いており、今までのメールの閲覧や検索もできるようになっています。

gyazo.com

#log

例会のログを取るチャンネルです。 このチャンネルでの発言は、BOTによって、

  • #active に転送される
  • pukiwikiの例会ログページに記録される

ようになっています。 これによってスムーズに例会のログを取れるようになっています。

#random

ふつうのSlack workspaceでは全体雑談用チャンネルとして #random が使われるかと思いますが、KMCでは #active というチャンネルが使われています。 #random もありますが、毎時にランダムな文字列が投稿されるチャンネルになっています。

gyazo.com

#everything

ワークスペースにある、全ての非botの発言が集まってくるチャンネルです。 ここだけ見ていれば部内でどのような話が行われているのか分かる、という説もあります。

#atchannel

@channel し放題のチャンネルです。モバイルアプリの通知欄が崩壊するので私は抜けました。

#*-watch

-watch という接尾辞の付いたチャンネルは、なにかを監視して流すチャンネルです。

  • #emoji-watch: 絵文字の増減があったら通知する
  • #reaction-watch: reactionが付いた発言を流す
  • #topic-watch channel topicの変更があったら通知する
  • #watched-watch: 👀のreactionが付いた発言を流す

#*-kanshi

#(部員名)-kanshi というチャンネルは、特定の部員の監視を行うチャンネルです。 監視対象は、部員のツイッター、ブログ、はてブ、サーバーの状態、心拍数など多岐にわたります。

#*-memo

#(部員名)-memo というチャンネルは、特定の部員がひとりごとを流すのに使われる、いわゆる分報チャンネルのようなものです。 memoという名前以外にもいろいろな付け方がありますが、現役部員はひとり1チャンネル作っているのではないか、というぐらいの数のチャンネルがあります。 昔は、その当時の代表的な部員の名前が付いた #*-memo というIRCチャンネルで、入部年度ごとの部員が集まって雑談をしていたようです。

私のチャンネルは #utgw-memo なのですが、バーチャルYouTuber情報が集まってくる便利なチャンネルになっています。

#0000チャンネル紹介ページがあります*1

channel purposeに、ハンドブックのSlackのチャンネル紹介ページへのリンクが貼ってあるチャンネルです。 チャンネルを名前順にソートしたときに一番上に来るようになっている、というからくりなのですが、 #- というチャンネルがあるので2番目に出るようになっています*2

カスタム絵文字

blog.kmc.gr.jp

2019/1/23時点では、カスタム絵文字の数は2000個でした。

gyazo.com

2019/12/7現在、カスタム絵文字の数は2552個です。11ヶ月ほどで552個増えたことになります。ざっくり見積もると、1年で600個弱ほど増えていることになるでしょうか。 現時点での最新の絵文字は :papers_please: *3でした。令和にふさわしい絵文字ですね。

ステータス

Slackでは、各ユーザーがステータスというものを設定して、名前の横に現在の状態を表示できるようになっています。 出張中とか休暇中であることを表示するための機能なのでしょうが、KMCには出張や休暇の概念がないので、好きな絵文字と文言を設定する自己表現の場になっています。

gyazo.com

これは私のステータスです。Slackのワークスペースごとにアイコンを変える活動を行っているため、ここに普段インターネットで利用するアイコンを表示しておこう、という試みです。

GitHub

KMCはGitHub organizationを持っています。

github.com

ちなみに、verified organizationとなっております。

Discord

KMCとして公式に作っているものではないですが、KMC部員用のDiscordサーバーがあります。 主にFPSなどのオンラインゲームをやっている部員が使っている印象です。

以前はなぜかサーバーが2つあったのですが、統一されました。

いかがでしたか?

KMCのオンラインコミュニケーションのご様子を紹介してきました。

KMCM

KMCでは、Slackでおしゃべりしたい、Slack BOTを作って遊びたい、Slack callでおしゃべりしたい、といった方の入部を大歓迎しております。入部資格に制限はありません。受験生や社会人でももちろん入部できます。私たちとコミュニケーション、しませんか?

www.kmc.gr.jp

それと、ひきつづきSlackの共有チャンネルを作りたい団体・企業様を募集しております。優秀な学生たちとコネクションを張って他団体に差をつけませんか? よろしくお願いします。

ご紹介

次回は id:nna774 で「きららめっちゃすきクラブ」です。昨日シャミ子のバスタオルを買いました。

あわせて、KMCで開催されている他のアドベントカレンダーの記事もいかがでしょうか。今年は参加者が多くてにぎやかでいいですね。

adventar.org

adventar.org

*1:#000softbank というチャンネルもあります

*2:このチャンネル名は現在はinvalidなので、新しく作ることはできません

*3:Steam:Papers, Please

こふ語とツイッターのオタク リローデッド

adventar.org

今すぐフォローすべきツイッターのオタク・バーチャルユーチューバーのみなさまです。

こふ語・ブチミリアドベントカレンダーもすっかり寂しくなってしまいました。そういえば最近ツイッターでけんこふさんを見てないし、karubabuはマストドンに行ってるし、もう、誰も……

次回はもへくんです。

KMCにおけるオンラインコミュニケーションツール

この記事は KMC Advent Calendar 2019 - Adventar 4日目の記事です。

adventar.org

3日目は id:opesan聖地巡礼記2019 - おぺの日記 でした。Lilas -リラ- 完成おめでとうございます。

こんにちは

KMC5回生の id:utgwkk です。ふだんは飲酒をしています。 本日はKMCにおける部内向けのオンラインコミュニケーションツールについてご紹介します。

オンラインコミュニケーション

KMCでは、部室に集まってボードゲームや麻雀をする、といった活動だけでなく、オンラインでのコミュニケーションも盛んに行われています。 Slackには大量のチャンネルと絵文字があり、京都だけでなく福岡・東京・北海道・などなど全国各地の部員が日々Slackでコミュニケーションを取っています。 また、チャットツールだけでなく、情報共有用のツールも使われており、日々連絡が行われております。

本日はみなさまに、KMCで使われている5つのコミュニケーションツールについてご紹介します。 また、学生のみなさまが気になるコミュニケーションツールのプランについてもご紹介しようと思います。

pukiwiki

KMCでは、メインの情報共有ツールとして、遅くとも2004年ごろからpukiwikiを使いつづけています。 学園祭や新歓などの活動のログや反省・共有事項がpukiwikiに蓄積されています。 pukiwikiから告知情報をかき集めて部員用サイトのトップに出す仕組みや、日程情報を集めてics形式のファイルを作る仕組みなど、さまざまな仕組みがあり、pukiwikiが使い倒されています。 みなさまがよく目にするあの例会告知ツイートもpukiwikiのページをパースして組み立てられています。

長らくEUC-JPのpukiwikiを使っていましたが、2018年の1月末ごろに、pukiwikiEUC-JP→UTF-8移行が偉大な部員の手によって成し遂げられました。 pukiwikiのデータが設置されているサーバのファイルアクセスが遅く、全文検索に時間がかかる、という問題がありましたが、これも偉大な部員の手によってElasticsearchが導入され*1解決しました。

pukiwikiCGIを設置するだけで動くので、サーバーがあれば無料で利用することができます。

Slack

KMCでは、Slackに課金をしています。 Slackには学生団体向けの割引プランが用意されており、KMCではこのプランを使っております。 このプランでは、発言ログ遡り放題*2・アプリ追加し放題・bot user作成し放題となっており、ミスって無尽蔵に発言ログを喰らい潰しがちな部員にうってつけとなっています。 課金してまでSlackを使っている学生団体ってなかなかないのではないでしょうか。あったら教えてください。

他団体・企業との共有チャンネルを作ってみたいな、と個人的に思っていますので、興味がある方は私やKMCのメールアドレス宛に連絡してください*3

Scrapbox

KMCには、部員のみが閲覧・編集できるScrapboxプロジェクトがあります。 こちらはpukiwikiとは異なり、正式な情報連絡ツールという位置付けにはなっておりません。 その場で気軽に編集できるという特長を活かしてログ取りに使ったり、pukiwikiに書くまでもないページを作って遊んだりする用途で使われています。 バーチャルYouTuberの図鑑が作られたり、ゲームの攻略情報が書かれたりもしています。

Scrapboxの限定公開のプロジェクトは、学生団体は無料で利用することができます。

kibela

KMCでは、新たな情報共有ツールとしてKibelaを導入してみています。 一時期、pukiwikiをこのままメンテするよりもっとモダンなグループウェアを使いたい、という動きがあって、選択肢の1つとして利用開始された覚えがあります。 主に部内ブログのような形で、部員が調べたこと思ったことをまとめる場として使われている、という印象です。

学生団体はKibelaを無料で使うことができます。

rubwiki

rubwikiとは、KMC部員が作成したRuby製のwikiエンジンです。編集履歴がgit管理されているのが特徴です。 新入部員への案内事項やサーバ管理の手引きなどの情報はpukiwikiではなくrubwikiに記録され、KMCハンドブックとして運用・更新されています。

rubwikiもWebアプリケーションをサーバーに設置するだけで、無料で動かすことができます。

いかがでしたか?

KMCアドベントカレンダー2019、4日目の記事はid:utgwkkさんで、「KMCにおけるオンラインコミュニケーション」です。Slackかな?

聖地巡礼記2019 - おぺの日記

という予想をいただいておりました。 KMCにおけるコミュニケーションの大半はSlackで行われているため、この予想は正解といっていいでしょう。

Slackでコミュニケーションが取られまくるあまり、pukiwikiにログが残っておらず来年度になってからSlackのログを検索して情報をかき集めることがある、ということがしばしば起こっております。 たとえば例会のログは、Slackのあるチャンネルに書き込むとBOTpukiwikiに書き込む、という仕組みがあるのですが、ログを書き込みたいことはいろいろあるので、今のところは部員の頑張りによってカバーされている、という印象です。

pukiwikiに告知を行ってもSlackには流れてこないので、告知感が薄い、ということを個人的に思っていました。 これに関しては私が、以下のように告知欄をパースして毎日Slackに流すBOTを書いてみたのですが、それでもうまく告知できてない場合があり、コミュニケーションって難しいな~となりました。

gyazo.com

みなさまの所属する団体・企業ではどのようなコミュニケーションツールが使われていますか? また、円滑なコミュニケーションを促進するために、どのような取り組みが行われていますか?

KMCM

KMCの入部資格に制限はありません。受験生や社会人でももちろん入部できます。遠方にお住まいの方でも入部できます。Slackでおしゃべりするだけでも大丈夫です。コミュニケーションしませんか? 興味がある方はメールやDMで入部希望の旨を連絡してください。見学もできます。

www.kmc.gr.jp

あと、Slackの共有チャンネルのお誘いもお待ちしております。 優秀な人材が集まる学生団体とコネクションを張りませんか?

次回予告

明日は id:basemusi で「ICPC参加記?」です。楽しみですね。

あわせて読みたい

そうそう、 KMC 2 Advent Calendar 2019 - Adventar というのもあります。 今日のKMC 2アドベントカレンダーの記事は id:nakarioGo Modules時代の静的解析 - Qiita でした。Go modules めちゃくちゃ便利で、ぼくはこれがないとGoをまともに書けなくなりました。

また、KMC お絵かき Advent Calendar 2019 - Adventar というのもあります。こちらは毎日部員によるイラストが見れるすばらしいアドベントカレンダーとなっております。

*1:https://speakerdeck.com/nonylene/elasticsearch-debu-nei-wiki-jian-suo-gao-su-hua

*2:じつは課金前から発言ログを記録するBOTが動いており、実質的に遡り放題ではありました

*3:私に連絡してもらえたら、KMCのメールでやり取りしましょう、とリダイレクトします

Web MIDI APIでNumark Party MixのLEDボールを点灯/消灯させる

www.ultramixer.com

UltraMixer用のマッピングファイルを見たらいい情報が書いてあった。

  • 176, 32, 0 でLEDボール点灯
  • 176, 32, 3 でランダムに点滅
  • 176, 32, 4 で消灯

ほかにもボタンを光らせるときのデータとか書いてあった。頑張ったらアクセスするだけでNumark Party Mixをキラキラ光らせることができる迷惑極まりないサイトができると思う。

こちらは勝手にParty Mixを光らせることのないサイトです。

clumsy-chili.glitch.me

今すぐ光らせる

お手持ちのNumark Party Mixを接続してこのページを再読み込みしてからボタンを押してください。ChromeOperaじゃないと動かないと思います。

Web MIDI API使って遊ぼうとしている

github.com

最近光る板を買ったこともあり、MIDIを喋るデバイスが日常にやって来たところで、ふとWeb MIDI APIの存在を思い出して作りはじめた。 create-react-app で作ってできるだけ環境構築で詰まらないようにして開発に速を出す作戦。 3時間かけて、セレクトボックスでDJコントローラーを選んで、あなたが選んだのはこれですって出せるようになった。

TypeScriptで静的型を付ける作戦に出ようとして、 navigator.requestMIDIAccess って書いたらそんなものはないって言われて絶望しかけてたけど、@types/webmidi っていう最高の型定義ファイルがあって救われた。

WSLで開発してると、 npm install は途中でめちゃくちゃ詰まるけど yarn は高速に終わる、という出来事があって愉快だった。速攻でpackage-lock.jsonを消した。

最初glitch.comで開発しようとして、React使ってみたいからっていう理由でやめたけど、glitch.comにもReactの開発環境のテンプレートありそうに見える。

glitch.com

素のJSで書きかけたやつは↓に置いてある。手持ちのMIDIバイスを接続してページを開いて、セレクトボックスに選択肢が増えてたら成功。MIDIバイスが手元にない方は、残念でした。

Hello!

追記

ReactとTypeScriptでやろうとしたけど、やりたいことをやりつつ綺麗な設計にしようと考えるとぜんぜん手が進まないので、glitch.com上でどんどん書いていくことにした。動けばよかろうの精神。

お手持ちのMIDIバイスからの入力データを受けて流せるようになった。

今日の学び

為になる

www.mbs.jp