私が歌川です

@utgwkk が書いている

卒論試問会全員合格

卒業できる見通しが立ちました.

おまけ

食べすぎ

ここ1週間ぐらいずっと食べすぎている気がする. 卒論のストレスのことを考えると,試問会が終わるまでは食べすぎる傾向にあると思うので,終わったら運動のこととか考えたい.

YAPC::Tokyo 2019 参加した #yapcjapan

今年もYAPCに参加しました.学生支援プログラムのおかげで気軽にYAPCに参加することができており,スポンサー企業の皆様やスタッフの皆様には頭が上がりません.次回もよろしくお願いします.

Perl6チャレンジ

トークの合間にGMOインターネット様のPerl6チャレンジに取り組んでいました. ふだんはPerl6とも正規表現とも遠い生活を送っており,Perl6の正規表現は初めて書きました. 記法に慣れないところもありましたが,なんとか午前の部でTシャツを入手することができてよかったです.

トーク

今回はトークに関するメモはScrapboxに取っていました.

scrapbox.io

肩のこらない型の話

id:dankogaiさんによるトーク.context-orientedな動的型というのはPerl以外では見たことない*1ので驚きがありました. 人類さんサイドもそろそろ静的型に寄せていったほうがいいのではないかというのをいつも思っているけど,いきなり全部寄せることができるのなら苦労しないわけで…….

Perl5の静的解析入門 機械と人間双方の歩み寄りによる平和編

id:mackee_wさんによるトーク.毎回使うスニペットぐらいの規模感のコードを正規表現を使ってうまく静的検査するといった向きで,正規表現ぐらいだと手軽に使えてニーズがあるのだろうなと思うなどしました. ちゃんとやるとパーサとか書かないといけないと思うけど,定型のコードを書くことが保証されているなら正規表現でいける? 「括弧の対応を正規表現で取る」と聞くと一瞬ぎょっとしますね*2

レガシーPerlビルド 〜現代に蘇るPerl[1..5].0とPerl6〜

id:anatofuzさんによるトーク.古いPerlのほうがいがいとビルドしやすいというのは驚きがあって面白かったです. 前夜祭のLTでもそうだけどPerl6の処理系の話なんかもあってよかった. 懇親会のときにいろいろ話して,研究のこととか,継続を基本とするC言語のこととか話したり聞いたりした末に正体が明らかになるみたいな展開がありました.

ISUCON8予選問題作成の裏側

id:karupaneruraさんによるトーク.ISUCONの作問の心構えが詰まっていました. 複数人で作業するときはオフラインで集まる機会を作るのがよいというのがなるほどとなって,自分がやるととりあえずオンラインでなんとかならないか,と考えてしまいそう.

キーノート

tokuhiromuさんによるキーノート.コミュニティに対する貢献のためにはどうしたらいいか,とか,気負いすぎるのもよくない,みたいな話でした. 検索エンジンに引っかかる形でアウトプットをすることがコミュニティへの貢献につながる,という話に背中を押された方がいっぱいいたと思います. ところで私はさいきん研究のコードぐらいしかまともに書いてないですね.卒業確定したら考えたい…….

総括

今回聞いたトーク,かなり処理系とか静的解析とかそっちに寄ってるなーというのにじぶんの興味分野が見えてくるような気がしますね. なんかいろいろなところで正規表現を見たような気がしていて,Perlの人はほんとうに正規表現が好きなんだなあとなった記憶があります.

そろそろサークルの外でも人前に立って話せるぐらいのことがあるのではないか,みたいな気持ちが出てきて,まずはLTからでもやってみるか? となったので,卒論が片付いたら考えてみようかな…….

繰り返しになりますが,スタッフの皆様,スポンサー企業の皆様,参加者の皆様,そしてさまざまな皆様に感謝の意を申し上げて記事の締めとさせていただきます.

*1:Perl以外にそういう言語を書いたことがないのであったら教えてください.

*2:Perl拡張正規表現ではできるらしい.

ここ数日よく絵を描いている. 描いているといっても記号の切り取りぐらいのようなものだが,それでも限定された構図ぐらいならなんとかなっているような気がしている. いろいろな描き方とか構造への理解とかをやっていくとだんだんマシになっていくのではなかろうか.

ちょっと前までは,紙に絵を描くときは,ペンとしてフリクションを使い,紙としてはなにかのノベルティでもらった付箋や大学ノートを使っていた. フリクションで濃淡を付けるのはとても難しいし,紙にロゴや罫線が入っているとどうしても気になる. 思い立って鉛筆と自由帳を買った.なぜ自由帳なのかというと近所のスーパーにスケッチブックがなかったから.

どちらかというと白い紙のほうが効能があったような気がする. じぶんの手元にあるノートに罫線などを気にしないで描けるのはすばらしい体験で,これを小学校低学年のうちに終わらせてしまうのは勿体ないのではないか.

ところで構造への理解の話に戻ると,マグロナちゃんが先日の配信でいいことを言っていた.

www.youtube.com

この配信では,一貫して「実際の頭蓋の構造を頭に入れておく」「実際の頭蓋をベースにどうデフォルメするか考える」ということを言っている. すごく大事なことで,リアルの頭蓋の構造が理解できていないと,どうデフォルメしたのか・してないのか分からないまま描いていくことになって,たまたまうまくいくと作品になるけどうまくいかなかったらなんかおかしいで終わってしまう.

AdventarのRSSとIFTTTを用いて自動でアドベントカレンダー記事の宣伝ツイートをする取り組み,お気持ち

私が所属するサークル「KMC(京大マイコンクラブ)」では,2013年から毎年アドベントカレンダーを開催しています.また,イラストを投稿するアドベントカレンダーも2016年から開催しています.

kmc.hatenablog.jp

adventar.org

adventar.org

IFTTTでRSSフィードを読んで自動でツイートする

さて,今年のアドベントカレンダーに関してこっそり始めた取り組みとして,表題にあるような自動ツイートを仕込んでみた,というのがあります.

これ自体を仕込む方法はそんなに難しくないので具体的な手順は省きます.IFTTTのUIが今と同等ぐらいであるうちはぽちぽち押していくとできると思います.

一番大事なポイントだけ紹介しておきますと,AdventarのRSSフィードは記事の情報を次のようにして保持しています.

<item>
  <title>KMC Advent Calendar 2018 21 日目</title>
  <description>電子工作系なにか 間に合わなかったらポエム</description>
  <pubDate>21 Dec 2018</pubDate>
  <link>http://www2.hatenadiary.jp/entry/uart-kobanashi</link>
  <guid>57819</guid>
</item>

したがってTweet textを次のように設定すると,先述したように日付入りで宣伝ツイートをしてくれる,という仕組みになっています.

{{EntryTitle}}の記事です! {{EntryUrl}}

お気持ち

かつてはアドベントカレンダーの宣伝のために,広報担当者*1が手で記事の一覧を更新したり,更新があるごとに手で宣伝ツイートをしたりしていました. このうちAdventarで枠の管理をし,宣伝ブログ記事にも枠を作る,という二度手間は解消されました. しかし宣伝ツイートのほうは今までどおりのままでした.

ところでAdventarにはRSSフィードがあるし,IFTTTでレシピを仕込めば自動でツイートしてくれるじゃん,と思って今年から始めたのが先述した取り組みでした. いろいろ思うところがあって,いちばん思っていたこととして「人間の手間を最小にしたい」とか「簡単に自動化できるならやればよい」というのがあります. というわけでこの取り組みを仕込んでみた次第です.

この方法には1つ欠点があり,それは遅刻への対応が不十分である,ということです. これは想像なのですが,RSSの最新よりNアイテム前に新しいアイテムが追加されても検知されないのでしょう. したがっていくつかツイートできなかったものがあったので,手で予約ツイートを仕込むなどの行いが発生しています. まあまあうまくいっていると思っているのですがこれはどうにかしたいですね.

団体としてアドベントカレンダーをやる目的っていろいろあると思うんですけど,まあどういう経緯で行われたのかはさておき,うちの部員ってめちゃくちゃおもしろそうなことをやっていても外部向けのアウトプットをやっている人が少ない印象があるんですよね. アドベントカレンダーはそういうおもしろいことを外部向けに公開するちょうどよい機会だと思っており,たぶんそういう気持ちがあって続けられてきているんじゃないでしょうか. 12月だけに固まってしまうというのはあるけどちょうどよい機会が設けられているのはよいことだと思います.

遅刻*2でも平成の終わり*3でもなんでもいい,とにかくみんな思いを言葉に*4してくれ!!!

*1:私や,あるいはそれ以外の人のことです.

*2:とくに工数の見積もりが難しい分野はむずかしい…….

*3:12/23は平成最後の天皇誕生日です.

*4:ref: https://hatenablog.com/guide

こふ語とツイッターのオタク

これは こふ語 / ブチミリ Advent Calendar 2018 - Adventar 12/18の記事です.気がついたら2015年から毎年書いてる.

ツイッターのオタク

2018年はバーチャルユーチューバー各位がどんどん登場し,あっという間にYouTubeのsubscribeが埋まってしまいました.

けんこふさんはマスヨヨンでしか見かけなくなってしまい,たまに見かけてはブッスヨしたりしなかったり,という生活を送っています.

ところでツイッターのオタク各位はどこで共通の文法を得ているのでしょうか.なんもわからん,わたしには……

由持のツイを見てからずっと,あっオタクじゃん,となり続けており,しかもフォローイング各位と似た文法を用いているのです.なにこれ

えーやば なんもわからん 助けてくれ

あわせて読みたい

カインドを用いたレコード多相 (record polymorphism) の計算体系とその実装

これは KMC Advent Calendar 2018 - Adventar言語実装 Advent Calendar 2018 - Qiita 4日目の記事です.

3日目はそれぞれ,

でした.

自己紹介

id:utgwkk (うたがわきき) です.学部4回生になり,プログラミング言語に関する研究をすることになりました*1. KMC部員としての生活もついに4年目です.ふだんはお酒を飲んでいます.

概要

この記事では,大堀先生の多相レコード理論の論文[1] *2について,(数学的な議論は控えめに)どういうことをやっているのかについて紹介します. また,リファレンス実装のSML# と私が書いた実装について紹介します.

record polymorphismの理論

さて,読者のみなさまの中には record polymorphism と聞いて「ああ,アレね」とすぐに理解される方もいらっしゃるかと思われますが,わたしの理解の再確認も兼ねて,それぞれの要素に分解して説明していこうと思います. すなわち,

  • 「レコード」って何?
  • 「多相性」って何?
  • 「カインド」って何?

の順に説明していきます.

なお,

  • そもそも「計算体系」って何?
  • 「型」とか「型システム」って何?
  • 型推論」って何?どうやるの?

といったことについて掘り下げていくといくら時間があっても足りなくなる*3ため,ここでは参考となるサイトをいくつか挙げるにとどめておきます. この記事を読んでいて分からないことがあれば適宜あたっていくとよいでしょう.

レコード

レコードは,MLのような言語でよく用いられるデータ構造です.

{name = "utgwkk" ; age = 17}

のように書くことでレコードをつくることができ,たとえばOCamlでは x.name のように書くことでフィールドの値を取り出すことができます. イメージとしては構造体に近いです.

多相性

多相性について説明する前に,もしも多相性がなければなにが起こるのかについて考えていきましょう.

もしもOCamlに多相性がなければ,次の式は型エラーになります.

let id = fun x -> x in if id true then id 2 else id 3

何が起こっているのでしょうか? 順番に見ていきましょう.

  • let で関数 id を定義する.型は 'a -> 'a ( 'a は未知の型変数)
  • if の条件節の id true という式を見て 'a = bool という代入をすればいいことがわかった.やったね!
  • ところが id 2 という式もあるので 'a = int でなければいけない???
  • 🔜型エラー

多相性がない型システムでは,型変数は「いずれ型が確定するかもしれない」「使い方が確定したら即座に置き換えられる」というものになります. 多相性があれば,「この型変数の使い方はなんでもよい」ということを表現することができるようになります.

カインド

ここでは論文で取り上げられている「カインド」についてざっくりと説明していきます.

さて,多相性があると書けるプログラムが多くなるという実感を前節で得てもらえたと思いますが,残念ながらレコードに対してはこの多相性ではまだ柔軟性が足りません. たとえば,レコードの name というフィールドの値を取得する関数について考えてみましょう*4OCaml風に書くならば次のように書けると思います.

let name x = x.name

ところがこの関数はStandard MLでは*5定義することができません. x のレコードとしての型を決定することができないためです. 型を明示すれば name を定義することができます*6が,その型に ぴったりはまる レコードしか受け付けてくれなくなります. われわれは name 以外のフィールドには関心を持たないつもりでいるのに,これでは不便です.

この問題を解決するために,論文ではカインドという仕組みを使っています. カインドはざっくり言うと,型変数のとりうる範囲の制約です. nameというstring型のフィールドを含むレコードを表すカインドを {{name:string}} のように書きます.たとえば {name:string, age:int}{name:string, roomno:int} のようなレコードはこのカインドが付けられます.

カインドを使うと,先述した関数nameについて forall 'a,'b::{{name:'a}}.'b -> 'a のような型を付けることができます. この関数nameは {name = "utgwkk", age = 21} や, {name = "hoge", roomno = 404} のような,nameというフィールドを含むあらゆるレコードに対して適用することができます.便利ですね.

レコード多相のコンパイル

論文では,ここまで述べてきたレコード多相の計算体系を,より低レベルな計算体系*7コンパイルする手法を与えています. 基本的なアイデアは次の2つです.

  • レコードを配列に変換する
  • レコードへのフィールド名を用いたアクセスをインデックスアクセスに変換する

型情報を用いることによってこれらの変換を実現しています.

実装

SML#

論文のリファレンス実装は SML# として公開されています. 2018/12/4現在,ビルドにはやや古いバージョンのLLVMが必要とされています.バージョンさえ揃えればビルドできます*8

SML#では,

fun name (x) = #name x;;

のように書くことで先述のname関数を実装できます.

SML# にはレコード多相のほかにもさまざまな拡張機能が実装されています.詳しくはドキュメントをご覧ください.

私の実装

私の実装はGitHubで公開されています.

github.com

menhirを入れて make すると prog が生成されます. ./prog を実行するとREPLが立ち上がります.

変換ステップは次のようになっています.

  • 字句解析と構文解析 (入力文字列を計算体系の項を表すデータ型に変換する)
  • 型推論 (項に型情報を付与する)
  • 型検査 (項の型情報が正しいか検査する)
  • コンパイル (項を低レベルの計算体系の項に変換する)

./prog --debug を実行すると,各変換ステップ後の内部表現を見ることができます.

文法はOCaml寄りになっています.READMEBNFを参照してください. この処理系では,

let name x = x.name in name;;

のように書くことで先述のname関数を実装できます.

おわりに

レコード多相を実現するための理論についてざっくりと触れてきました. 日頃,とくに動的型の言語では何気なく書いている x.name といった式に型を付ける方法としてこのようなものがあるといったことを知ったとき,目から鱗が出ました.

この記事では触れていない部分(型推論)や,数学的な定式化などについては論文を参照してください. この直観はさすがにずれているのではないか,などの指摘がありましたら id:utgwkk までよろしくお願いします.

余談:プログラミング言語処理系実装の実験について

京都大学工学部情報学科計算機科学コースでは,学生実験として3回生のうちに言語処理系を実装する機会が2回あります.

どちらも実験資料がインターネット上に公開されています.

参考文献

  1. Atsushi Ohori. A polymorphic record calculus and its compilation. ACM Transactions on Programming Languages and Systems, vol 17, no 6, pages 844-895, 1995.

次回予告

KMC Advent Calendar

明日は @opepeman_FE さんで「たぶん聖地巡礼記2018」です.

言語実装 Advent Calendar

明日は @h_sakurai さんで Prologによる多相レコード計算の実装(2) - Qiita です.

KMCM

KMCでは,プログラミング言語の実装がどうなっているのか気になって夜も寝られない部員を募集しています.KMCに入部制限はありません.どなたでも入部できます.詳しくは入部案内ページをご覧ください.

www.kmc.gr.jp

また,KMCはコミックマーケット95にも出展します.ゲーム・音楽CDの頒布を予定しています.ぜひお越しください.

さらに,去年に引き続き部員がイラストを描いて投稿するアドベントカレンダーが動いております.こちらもどうぞ.

adventar.org

*1:私の大学では4回生になると研究室に配属されます.

*2:厳密には論文の体系からヴァリアントを抜いたサブセット

*3:そもそもわたしが説明しきれない気がするのだよな…….

*4:これは論文でも同様の例が取り上げられている.

*5:たとえば SML/NJでは実装できない

*6:OCamlでは name を含むレコード型を定義すれば関数を定義できるようになる.

*7:レコードがなくて配列がある.

*8:私のMacではビルドすることができた.