読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が歌川です

@utgwkk が書いている

未完成のものを公表するということ

未完成だけど時間切れだから公開しなければならないときがあって、たとえばハッカソンとか、絵を描く人ならワンドロとか、そういうので、未完成だったので公表するのが恥ずかしくてつらい、みたいに思うことがある。また、時間切れだけど、すこし粘って何とか見せられる(と自分の中では思えるぐらいのものに)ようにするのを見たことがある。完成させるのは実際大事だし、完成すると嬉しいんだけど、だからといって未完成なものを恥じることはないと最近ようやく思うようになった。未完成だから公表しません、完成まで待っていてください、というふうにいつもできるわけでもないし、ここが未完成なので後々がんばりますとか、そういうふうに言って(ある種笑いを取るようにして)やり過ごすというか、切り抜けるみたいなことを覚えた。ハッカソンで、バグが残っていて*1成果物のプレゼンでうまく動いてくれないことがあって、マジかとなったけれど、発表をそこで中断して修正するわけにもいかないので、あとで直します、みたいなことを言って、切り抜けて、あとで修正した。完成させることではなく、限られた時間でどれだけのものができるかに重きが置かれている場面では、未完成なものでも公表するのを躊躇できないし、またはするべきではないし、未完成だから後で何とかしますみたいなことを言って実際に後で直してみせるみたいな芸当が身につけられたらよいなあと思ってちょっと書き残した。改行入れないと読みにくい。

*1:セミコロン忘れだった。