読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が歌川です

@utgwkk が書いている

こふ語とかるなべ語

これは「こふ語 Advent Calendar 2015 - Adventar」12/7分の記事です。

www.adventar.org

前日の記事は、@m43net 氏の「宇宙、京都、アッシュヒョーク - m43.net」でした。

はじめに

今回の記事の執筆に際して、日本国内で数少ないかるなべ語の話者として知られる @karubabu 氏にご協力いただきました。

@karubabu 氏に対する感謝の意を表します。

かるなべ語の頻出フレーズ

この節では、かるなべ語を用いた会話でよく用いられるフレーズの一部を紹介します。

たし蟹(そう鴨(しれな稲))

このフレーズは、相手の発言に対する相づちのようにして用いられていることが分かっています。日本語では「確かにそうかもしれない」と訳されます。

上のツイートのように、「たし蟹」単体で用いられる場合もあります。
「たし蟹そう鴨しれな稲」が一続きのフレーズであることが分かっていますが、人によってさまざまな位置で区切って用いることがあります。

人によっては「蟹鴨」「稲」「🌾」のように言うことが調査により明らかになっています。

そんな琴騎士

このフレーズは、相手の言ったことを否定するときに用いられることが分かっています。日本語では「それは違う」「そんなことは無い」などという風に訳されることが多いです。

そういういいかたもあるね

このフレーズは、相手の言ったことに対してある程度の尊重の意を示すときに用いられることが分かっています。

ありがと🍆

このフレーズは、相手に対する感謝の意を表すときに用いられることが分かっています。

でしょほめてね

このフレーズは、自分のよい行いを相手に賛美してもらいたいときに用いられることが分かっています。

「それなあっ」と「ほんとだよね」の違い

上記の2つのツイートは、いずれも下記のツイートへの返信に対する返信です。

かるなべ語の母語話者である @karubabu 氏は、以下のように述べています。

このことから、「それなあっ」と「ほんとだよね」の間には、何らかのニュアンスの違いがあるが、意味的には大きな違いはないということが分かります。

こふ語との関連性について

こふ語とかるなべ語には、半角カタカナによる独特なカタカナ語の記述が見られる、という共通点があります。

この件に関しては、以下のような説が提唱されています。

  • こふ語とかるなべ語が独立に発達した結果、偶然にも共通の要素を持つようになった。
  • 京都生まれのこふ語と、ゆきやばいところ生まれのかるなべ語が、何らかの形で混ざり合った。
  • かるなべ語が、こふ語に影響されて語彙を発達させた結果、こふ語からその要素を取り入れるようになった。

学会では、一番最後の説が最も有力とされていますが、真相はゆきふかいところの中です。

おわりに

ゆきすごいところで生まれ、ゆきやばいところで育ったかるなべ語に関して、まだ明らかになっていないことが多いです*1
さらなる調査の余地がありますが、アドベントカレンダーの記事としての体裁を保つため*2、今日はここまでにさせていただきます。

私はいつでもけんこふさんにアッシュヒョークおごってもらいたいって思ってますよ!!!!!!!!!!!

けんこふさんは宇宙に飛び立ってしまった……。

*1:同じように、ゆきすごいところで生まれ、ゆきやばいところで育ったことが分かっている言語として、アイヌ語が挙げられます。

*2:時間が足りなかったので。