読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が歌川です

@utgwkk が書いている

画像付きツイートをふぁぼったらSlackチャンネルに流すスクリプトを書いた

こんにちは

歌川です。

今日のテーマ発表

今日のテーマは「SlackのAPIをフル活用して生活をより良いものにしよう」です。たった今決めました。

Slack

みなさん、突然ですか、Slackを使っていますか。
ぼくが所属する京大マイコンクラブ(以下KMC)は、Slackをフル活用しています。
プロジェクトの連絡だけでなく、部員のTwitterアカウントの監視まで行われています。監視社会ですね。

ぼくは最近、KMCのSlackにチャンネルを作りました。
#utgw-memoというチャンネルで、要約すると、イラスト付きツイートのURLが流れてくる最高のチャンネルです^1

ツイートを流すということ

これまでは、次のようにしてURLをチャンネルに流していました。

  1. ツイートを見つける
  2. URLをコピー
  3. Slackに入力
  4. 送信

この方法の利点は、インターネットに繋がっているならどんな環境でも可能である、ということです。
しかし、欠点もあります。

1. 手順がまどろっこしい

ツイートのURLをコピーして、Slackチャンネルに流すまでに、タップをたくさんしないといけません。
画面の小さいスマートフォンでは、タップの多すぎる作業は苦痛になりえます。

2. Slackチャンネルを間違える

人はすべからく間違えます。はい。
違うチャンネルを開いたままURLを貼ってしまう、という事件が何回かありました。

じゃあ自動化したらいいじゃん

ぼくは、この作業を自動化しようと決意しました^2
幸いなことに、Twitterにはお気に入りに登録という機能があります。
また、TwitterのStreaming APIを使えば、自分がふぁぼったというイベントを取得して、いろいろなことができます。
これはもうやるしかないですね。

やりました

Posts a URL of the tweet you favorite to a Slack c ...

シュッと書きました。

生産性の向上

SlackチャンネルにURLを流す、という作業が次の手順でできるようになりました。

  1. ツイートを見つける
  2. ふぁぼる

何と、ぼくたちはついに、ふぁぼるだけでSlackに自動でURLを流すという手法を手にすることができたのです! やったね。
これにより、次のような効果が期待されます。

  • 生産性が向上する
  • 精神衛生状態が安定するようになる
  • 人生が明るくなる
  • とにかく捗る

最高ですね。

最後に

Slack最高!!! 一番好きなグループトークです!!!

余談

pipコマンドで入手できるtweepyのStreamingにはバグが残っています。
github.com このissueのコメントに従って streaming.py を修正する必要があります。

追記

画像を保存するようにしたので、最早負けるところがない。