私が歌川です

@utgwkk が書いている

勉強=留年は真なのか

こんなツイートを見かけた。内容はこういったものである。

勉強 = 留年しない …… ①
勉強しない = 留年 …… ②
①+②より
勉強 + 勉強しない= 留年 + 留年しない
(1 + しない)勉強 = (1 + しない)留年 …… ③
ゆえに 勉強=留年 …… ④
だったら遊ぼっか

見ただけでツッコミを入れたくなるが割愛。果たして、勉強=留年は真なのか。
トゥーン(@)さんのツイートを参考に、という名の丸パクリになりかねないが。

証明

③、④について考えよう。

(1 + しない)勉強 = (1 + しない)留年
ゆえに 勉強=留年

ここ。ここですよここ。ぼくが気がかりなのは。
「しない」とはどういった数なのか? 本当にゼロということで間違いないのか?
落ち着いて場合分けしよう。

③について、
(i)しない ≠ -1 のとき
④は成立する。
ところが、勉強=留年はすべての実数について成り立つとはいえない。
よって、勉強=留年は偽である。

(ii)しない = -1 のとき
③→④はゼロ除算となるため不成立。
よって、勉強=留年は偽である。

(i)、(ii)より

すべての実数について 勉強=留年 とはいえない

ところが、ここで1つの疑問が出てきた。

勉強=留年 を満たす実数が存在する

この命題は真なのか?

結論から言うと、真である。世の中を見渡してみれば、そういった生徒は存在する。努力が報われない生徒だ、ということである。
残念ながら、今の世の中はすべての努力が報われるようにはできていない。ある程度は、そういった、いわゆる不憫な生徒が出てきてしまうのである。これは、世の中の仕組みを根底から作り変えなければ、どうにもならないのである。

つまり

死にたい。